「コトモト」ルレクチエとは?

ル レクチエとは・・・
ル レクチエ(Le Lectier)は、明治36~41年に新潟市南区茨曽根(旧白根市茨曽根)の小池左右吉氏が40種類近い西洋梨の中からその味に感銘を受け栽培をしたことから始まった。新潟県は信濃川と中之口川が運んだ肥沃な土壌で、古くからナシやブドウ、モモの栽培が行われてきた。フランス(オルレアン地方)が原産で、降水量や気温などの条件が新潟県に適しており栽培が広まった。地元ではロクチやルクチの相性で呼ばれていたが、昭和58年に「ル レクチエ」の名称で統一された。

開花は、新潟県で4月下~5月上旬頃、収穫は10月20日頃。収穫後、約40日間追熟が必要。可食判断は、果皮が緑色から山吹色に変化し、芳醇な香りがしてきた頃。平均果重は、300~400g。糖度は13度以上。甘い香水のような香りと口の中でとろけるような食感、強い甘みが特徴。隔年結果型の果樹。風に弱く果皮もデリケートで落下やスレ・キズ・水汚れが多い。又、追熟中に輪紋病で腐敗しやすく、園地条件や台木によって生理障害(ブラックエンドやハードエンド)が発生し製品率は低い。
栽培が始まって約100年、その面積は新潟県で約100ha。高度な栽培技術や追熟方法の確立によって近年生産量は増加しているが、取扱の難しさや長期保存ができないため幻の西洋梨とも言われている。

 

ここでしか手に入らないル レクチエ・・・
私たちコトモトは、新潟を代表する果樹産地「加茂市・新潟市(旧白根)」の篤農家の方にお願いし、製品率の低い果実の中からさらに厳しい条件をクリアした果実のみを販売しております。糖度15度以上、重量1個450~500g、キズ・汚れがほとんどなく、到着後すぐに食べられる状態のものを発送いたします。

もちろん、安心・安全は当たり前、農薬は最小限、使用する薬剤も蜂や魚に悪影響を及ぼさないもので対応。自然相手の仕事だからこそ農家の方は誰よりも周りの環境を大切にしています。